カードローン 必要書類

大手の消費者金融から初めてお金を借りるときには必要書類の提出が求められます。

 

必要書類には本人確認書類と収入証明書類の2種類があります。
本人確認書類は成りすまし防止のため、お申込みされた人がきちんと本人であるか確認するために必要な書類です。

運転免許証や健康保険証、パスポートなどが本人確認書類でこのうちから一点だけで構わないです。
収入証明書類はお申込みされた人がきちんを返済を続けるための安定した収入を得ているかどうか確認するために必要な書類です。

 

直近の源泉徴収票や確定申告書、納税通知書、納税証明書、所得証明書、直近2カ月分の給与明細書などが収入証明書類でこのうちから一点だけ提出します。

 

本人確認書類はまず提出が求められますが、大手の消費者金融では一定の条件さえ満たせば収入証明書類の提出は不要にできます。
その条件とはその消費者金融のご利用限度額50万円を超えずに希望される場合、他の貸金業者も合算して100万円を超えて借りない場合です。この2つの条件のうちどちらかに該当すれば準備せずにお申込みが出来ます。

 

収入証明書類はタンスなどどこかに保管しているでしょうが、うっかり処分してしまうと準備ができなくなります。
そんな準備が難しいと言うときはご利用限度額を低めに希望された方が良いです。

 

他の貸金業者から多めに借りているときは100万円を超えないように返済して減らしておくことが必要になります。
大手の消費者金融の多くで専業主婦はご利用できないですが、中小の消費者金融では専業主婦でもご利用が可能なところが見られます。

 

その場合は本人確認書類の他にも、配偶者の同意と婚姻関係証明書類の提出が求められます。
婚姻関係証明書類は戸籍謄本などです。

 

配偶者の収入証明書類の提出は大手の消費者金融同様の条件を満たしていれば提出は不要です。
専業主婦の場合は50万円以下のご利用限度額が設定されることが多いので、通常殆どのケースで配偶者の収入証明書類の提出は不要です。

 

土日祝で勤務先が休みで在籍確認が取れない場合は、不要だった収入証明書類の提出をもって在籍確認とする消費者金融も見られます。
収入証明書は不要だからと言って安心していると、お申込みする曜日によっては提出が求められるので注意が必要です。

 

これらの必要書類の提出方法は消費者金融によって、お申込み方法によって違います。

 

インターネットでお申込みされた場合はインターネットでそのまま提出できる大手の消費者金融が多いです。パソコンならスキャナで画像化、ケータイやスマートフォンならカメラ機能でそのまま撮影し画像化して送信できます。中にはスマートフォンのアプリやFAX送信で提出できる大手の消費者金融もあります。

 

自動契約機でお申込みされた場合はそのまま持参すれば機械にセットして送信ができるので画像化する手間は無いです。

 

運転免許証なら常に持参しているでしょうから忘れることは無いと思いますが、必要書類を忘れてしまうとまた自宅に戻って取ってこないといけないので2度手間になってしまいます。

 

店頭でお申込みされた場合も自動契約機同様にそのまま持参するだけで構わないです。