審査 職業

金融業者のカードローン審査に通るかどうかは、各業者によって細かくは基準に違いがあるものの、共通している事は貸したお金を返済出来る力があるかどうかを確認する事であり、一言で言うと返済能力を備えている申込者かどうかという点です。

当然ながら高収入な方は審査で有利ではありますが、職業が安定している正社員や公務員の方も有利な傾向にあり、職種が安定していて高収入ならば返済能力が高いと見なされるのは自然な流れと言えます。

 

これは審査が慎重な銀行でも審査が柔軟な消費者金融でも同様に、安定した職業雇用形態で高収入ならば審査に有利な事は間違いないです。

 

ただし、在籍期間が短い場合や、すでに借金が複数社にある方、クレジットカード等の支払いを忘れたり返済ルールを守らない方等は高収入で安定した職業であっても審査では不利に働きます。

 

最近では社会情勢からも派遣バイトの雇用形態で働いている方が多いですが、正社員と比べて守られていない不安定な雇用であり、ボーナス等も無い場合が多く、どうしても収入が正社員よりも低くなってしまいます。

 

こうした派遣バイトの方は銀行等の金融業者からキャッシングを行う事が出来ないのか、というとそんな事はなく、申込みに応じた契約を行って金融業者が定める契約の範囲内での借金を行う事は可能ですし、銀行でも派遣雇用の方やバイトやパート、様々な職種や立場の方が利用しています。

 

もちろん目的別ローンで大きな融資を受けたい場合は収入は大きな問題になってきますし、大きな融資には断られてしまう可能性が大きいですが、多くの方はキャッシング初利用時は50万円以内の融資限度枠の範疇からスタートしていく事になり、返済実績を積んでいくうちに枠を広げる事も可能になります。

 

消費者金融では銀行よりも審査速度が速かったり審査が通りやすい特徴を持っていますが、大きな融資を受けたい場合は収入証明書も必要になりますし、どうしても高収入の方が有利という事になります。

 

派遣バイトの方でも銀行や消費者金融でキャッシングを行う事は可能という事であり、注意点としては借入の件数や借金返済履歴に傷をつけていない事で、他にも派遣の仕事について在籍期間も殆ど無い状態でキャッシング申込みを行うのも審査で不利になります。

 

いずれにしても借金歴に傷もなく、派遣バイトで仕事を継続的に行っており、収入が安定してある場合は金融業者でキャッシングを行う事は可能であり、雇用形態が問われるようになるのは住宅ローン等の大きな融資の方が厳しく問われ、小さいキャッシングならば収入証明書の提出も必要ではないですから給料が小さくても収入の流れを持つ事が重要です。

 

もちろん無職無収入では原則としては借金する事は出来ないですし、貸したお金を返してくれる能力を金融業者が認めれば、融資枠の範疇でお金を貸してくれます。

 

派遣バイトでキャッシング出来るかどうか不安な方は、普段から支払うものは支払って、借金件数を増やさない状態で申込むと良いです。