キャッシング審査

キャッシングの審査を受ける時に、気になるポイントが自身の年収がどのように影響するかという問題ですよね。

 

結論から先に述べると、消費者金融は年収を調べる事で、法律と信頼性の2つの観点から審査を行います。年収やその他個人情報を調べる事で法律をクリアしているかをチェックして、その後信頼性のある人物かを審査するわけです。

個別に解説していくとよりわかりやすく理解する事ができます。まず法律に関する問題として、消費者金融は貸金業法という法律で融資できるお金の上限金額を厳しく制限されています。具体的には、資金需要者の年収の3分の1までしか融資してはいけませんと規定されているんですね。

 

つまり、年収が300万円の人には100万円まで、年収が600万円の人には200万円までしか有してしてはいけない事となります。また、この上限金額は他の消費者金融から受けた融資金額も含まれる点が特徴です。
その為、年収を聞いた後に他社から借り入れを行っていないかどうか、消費者金融は貴方の事を調べて審査するわけです。他社を含めて融資金額を制限する制度ですから、総量規制と呼ばれる名称がついています。

 

なお、住宅ローンなどの特定のローンはこの総量規制の対象となりませんから、ご安心下さい。また、銀行系のキャッシングは消費者金融ではありませんから、総量規制を超えた融資を実行する事も可能です。

 

さて、法律上の年収制限をクリアすると次は信頼性の審査する事となります。信頼性に関する基準は企業毎に審査基準が違いますから、この場で一概に年収がどの程度審査に影響するかを述べる事はできません。

 

ですが、あまりにも年収が低い場合や、虚偽の申告が疑われる場合は否認の原因となってしまうでしょう。目安としては、大手消費者金融が提供してる簡易診断ツールなどで引っかからない程度の年収は維持しておくべきです。

 

アルバイトや主婦の方も対象としている消費者金融では、あまり高い水準を求めてはいませんから、年収の高低に関してはそこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

なお、審査において年収より重視すべきポイントが、安定性に関する問題です。一つの例え話ですが、お金を貸す立場から考えると年収が高いけど毎年大きく変動する人より、年収は普通の金額だけども毎年安定して収入を得ている人の方が安心して貸せますよね。

 

このように、信頼性の審査については年収の高低より、年収の安定性が強く求められる傾向にあります。それに合わせて、職業についても安定性が高いと判断される職業の方が好まれる傾向にある点が特徴です。

 

 

そして、最後に注意すべきポイントが、事故情報に関する問題です。これは年収以上に重視されると言える情報で、言うまでもなく信頼性の審査と強く関連してきます。

 

例えば、自己破産や任意整理を行った人などには、お金を貸す立場としては慎重にならざるを得ませんし、返済の滞納を繰り返す人についても同様です。この様な情報は信用情報機関という組織において情報共有が行われていますから、これから融資を受けようという方は返済を滞らせたりしないよう注意が必要です。