カードローン 審査

キャッシングの審査基準は各社で違いますが、その詳しい内容を知ることは出来ません。つまり、実際に審査を受けてみるまでは結果が分からないというわけです。

 

キャッシングの審査はキャッシング会社が独自に行っています。審査で最も重要なのは返済能力です。返済能力が高いと判断されれば、融資も受け易くなります。そして、返済能力を判断するのに重要な要素となるのが、年収と勤続年数と他社からの債務状況です。これらの点を総合的に加味して、充分な返済能力があるか否か判断されるのです。

 

まず、年収があまりにも低いとやはり審査に通過するのは難しくなってしまいます。また、勤続年数が短すぎる場合も収入が安定していないと判断されるので、審査通過は難しくなるでしょう。他社からの債務が多数ある場合も返済に充てる資金が充分に確保できないと判断されてしまうので、融資を受けることはとても難しくなります。

 

現在これらの点で何等かの問題が有ると自認しているなら、審査に通過できない可能性も考慮しておかなければなりません。しかし、これらの点に全く問題がなければ審査に通過出来る可能性は高いと言えるでしょう。それでも審査に通過出来るかどうかが不安な場合は、事前に審査シミュレーションを利用しておくか、キャッシング会社に融資の相談をしてみることをお勧めします。キャッシング会社には相談ダイヤルが用意されていることが多く、借りたい金額や現在の収入状況等を伝えることで融資の可能性を教えて貰うことが可能です。現在の自分の状態で借り入れが出来るかどうか気になるなら、まずは事前に目安となる結果を知っておくことが大切でしょう。

 

もちろん、事前の審査シミュレーションの結果や相談結果とは異なり、実際に審査を受けてみたら融資が否決されてしまうケースもないわけではありません。この場合でも審査に通過できなかった理由は利用者には知らされません。キャッシング会社に問い合わせをしても、明確な理由を教えてもらうことは出来ないのです。

 

しかし、前述したようにキャッシングの審査で判断されているのは返済能力の有無です。もしも審査に落ちてしまったとしたら、年収額や勤続年数、その他他社からの債務状況などの点で何らかの問題があったものと考えることができます。或いは、過去にクレジットカードの利用で返済遅延等を経験しているのかもしれません。こうした点もキャッシングの審査結果には大きな影響を与えるものなので、思いがけない理由で審査に落ちてしまっている可能性は否定できません。

 

何が原因で審査に落ちてしまったにしても、その理由を教えてもらうことができない以上は自分で理由を探って解消するしかありません。少し時間を空けてから改めて申し込みをしたり、思い当たる原因を解消してから申し込み直してみるようにしましょう。一社の審査に落ちてしまったからと言って、決して短期間にたくさんのキャッシング会社に申し込みをしてはいけません。短期間に何社も申し込むと申し込みブラックになってしまう可能性があるので、注意しましょう。