カードローン 審査

お金を借りるときは、心配をかけない意味でも家族には知られたくないものです。

 

キャッシングにもよりますがお申込み方法はパソコン、携帯電話、スマートフォン、固定電話、来店、郵送など様々です。このうちパソコンを家族と共有していないのなら知られずにお申込みすることが可能です。

 

もし共有している場合は携帯電話やスマートフォンで自室やお出かけ先からお申込みすれば大丈夫です。来店すると万が一知っている人に会う可能性がありますが、滅多にないことなのでそれ程気にしなくて良いです。郵送は郵便物が自宅に届くのであまり選ばない方が良いです。

 

キャッシングにお申込みされたときに自宅の固定電話に連絡が来ることがあります。それはお申込み内容の確認のお電話と審査結果のお電話です。自宅の固定電話にかかってきたときは本人が在宅であれば特に問題は無いです。

 

問題があるのは本人が不在の時ですが、キャッシング会社名ではなく個人名を名乗ってくれることが多いです。キャッシング会社から電話がかかってきたと家族に知られないように配慮しているのであまり心配することは無いでしょう。

 

最近では携帯電話やスマートフォンを持っている方が多いので、その番号を指定しておけば自宅の固定電話にかかってこないです。メールで審査結果を連絡するキャッシング会社も多いです。

 

 

キャッシングにお申込みされ審査に合格した後に、自宅に契約書やカードが届くことがあります。郵便物から家族に知られる可能性がありますが、キャッシングによってはWEBで契約できるところがあり契約書がご自宅に郵送されないです。

 

カードが自宅に郵送されると困ると言うときは、大手キャッシング会社なら自動契約機でカードを受け取りすることが可能です。自動契約機は中は無人なので誰にも気兼ねなくカードを受け取り出来ます。

 

お申込みからカード受け取りまで完結させることも可能です。自宅の近くに自動契約機があるかどうかキャッシング会社のホームページで検索してみて下さい。

 

その他ご利用明細書が自宅に郵送されることがありますが、ネットでダウンロードできるキャッシングがあるので設定を変えておけば大丈夫です。

 

キャッシングの審査では勤務先に在籍確認の電話連絡があります。このときもお申込み内容の確認のお電話のように個人名を名乗っているので会社の人に知られることは少ないです。

 

本人が電話に出たときは住所や氏名を聞かれるくらいで在籍確認は終了です。本人が不在で電話に出れないときは会社の人が今は外出しております、今日は休日で休んでおりますなど在籍確認が取れる返答をしてくれれば大丈夫です。その代わりに在籍確認の担当者はウソの会社名を名乗ったり、ウソの用件を言うことは出来ないです。

 

在籍確認の電話に出た会社の人が会社名や用件を聞いたときは正直に答えますのでこのときは知られてしまう可能性が高いです。個人名で会社の固定電話にかかってきた場合は必ず用件を聞くと言う会社も多いです。どうしても在籍確認の電話がかかってくると困ると言うときはキャッシング会社で対応しているところがあります。

 

それは収入証明書類の提出を在籍確認の代わりにするキャッシング会社です。収入証明書類は源泉徴収票や確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書のうちいずれか一点です。これを準備するだけで在籍確認を回避できます。