カードローン 審査

キャッシング・カードローンにインターネットでお申込みすると仮審査と本審査が開始されます。

 

仮審査はお申込みフォームに入力した属性をもとにコンピュータで審査を行います。

 

本審査ではお申込み者の勤務先に在籍確認などを行います。

 

どうしてお申込みフォームで申告した勤務先に在籍確認を行うのか理由がちゃんとあります。

 

それはきちんと在籍確認しないと、勤めていないのに勤めているように申告される人が多くなるからです。

 

そのような人は安定した収入を得ておらず、他のキャッシング・カードローンの審査で落とされている可能性大です。

 

お金を貸すと後で滞納される恐れが高いので在籍確認を行っています。

 

在籍確認と言っても勤務先に直接来るのではなく、電話をかけてくるだけです。

 

このときご本人が会社に居る場合と不在の場合が考えられます。

 

もし会社に居る場合は名前と住所を聞かれるくらいで在籍確認は終了です。

 

会社の人にもお金に困っていると知られる心配はあまりないです。

 

在籍確認では会社名を名乗って電話をかけるのではなく個人名を名乗ってくれるのが基本です。

 

小さな会社で周りに会社の人が多く、個人名でかかってきた電話に名前と住所を言っているのを聞かれた場合は変だと思われるかもしれないです。

 

しかし変だと思われるくらいで在籍確認の電話を取り次いだ経験のある会社の人以外には分からないと思います。

 

ご本人が不在のときは会社の人が在籍確認の電話に出ることになります。

 

電話に出た会社の人が今は不在ですと答えれば在籍確認は取れたことになります。

 

ご本人が直接電話に出なくても在籍確認は取れますので大丈夫です。

 

しかし問題なのは会社の人が会社名を聞いたり要件を聞いた場合です。

 

先ほど述べたように在籍確認では個人名でかかってきますが、在籍確認の担当者はウソを言うことは出来ないです。

 

聞かれた場合は正直に会社の人に答えますのでこのときは在籍確認だとバレてしまいます。

 

その他にも在籍確認を取る事じたいが難しいと言う場合があります。

 

それは個人名でかかってきた電話を取り次がないと言う会社です。

 

こういった会社だと本人が居ても不在でも在籍確認が取れなくなってしまいます。

 

もし在籍確認が取れない場合は仮審査に受かっていても本審査で落とされてしまいます。

 

キャッシング・カードローンの中にはやむを得ない事情があるお申込み者のために代替措置をご用意しているところがあります。

 

代替措置に多いのが収入証明書の提出です。

 

本来はお申込みする貸金業者のご利用限度額が50万円を超える場合と、ご利用限度額と他の貸金業者からの借入が100万円を超える場合で収入証明書類の提出が求められます。

 

これを超えなければ提出は不要ですが、在籍確認が取れそうもないときは提出することで在席確認の代わりにして貰えます。

 

キャッシング・カードローンによって対応が変わりますので事前に把握しておいて下さい。