銀行カードローンは増加傾向

貸金業法の改正以降、消費者金融のキャッシングローンに比べ、銀行カードローンの契約数や貸付金額は増加傾向にあります。その結果として、銀行カードローンを要因とする自己破産者も増加傾向にあり、過剰融資や審査の甘さなどが指摘されています。

 

しかしながら、インターネット上でカードローンに関する情報を集めると『金利が低い』、『低金利で安心』という内容を見掛けます。確かに消費者金融のキャッシングでは、18%や20%というものがあり、これに比べると低いと言えます。

 

しかしながら、小口融資で30万円や50万円を借り入れしたとしても、あまり利息差はない状況です。長期返済となった場合、金利が低いほど総返済額は下がるものの、銀行カードローンが売りとする低金利は実質的にはあまりメリットにはなりません。

 

むしろ、より低金利でキャッシングが可能なフリーローンや目的ローンを選択する方が返済計画も立てや易く、返済負担も軽減できるのが実状です。

 

先ずは、インターネット上の情報だけでキャッシングを比較するのではなく、銀行で配布されるパンフレットなどを活用するのがおすすめです。

 

インターネットは、限られた情報で比較したり、カードローンだけを比較対象としているケースがあると理解するのがポイントとなります。