カードローン 審査

キャッシングを利用するとなると、必ずと言って良いほど本人確認があります。新規申し込み時に必ず確認をされる事になる上に、商品の利用時にもそれが行われるのです。

 

まず新規申し込みの段階では、2つの方法によって確認が行われるケースが殆どです。まず1つ目ですが、書類による確認です。

 

金融会社に申し込みをする時には、必ず身分証明書の提示が必要になります。書面があれば、少なくとも申し込み者は本人である事を証明できる訳です。

 

それともう一つが、電話による確認です。少なくともお勤め先に間違いなく在籍しているかを、金融会社としては確認をする事になります。その確認も簡単なやり取りになるケースが多いですが、少なくともそれで何か不審な点が見られた時には、融資が難しくなる事はあります。

 

そして実は新規申し込みだけでなく、利用する時にも厳重に確認が行われるのです。金融会社に電話で問い合わせをする事もありますが、その際に誕生日などを聞かれるケースが殆どです。また名前の漢字を口頭で表現して、間違いがなければ本人確認が取れたと見なす会社も存在します。

 

このようにキャッシングで、色々な局面で厳重に本人確認を行う訳です。かなり慎重に確認を行うのは、この融資商品の大きな特徴の1つと言えます。