カードローン 審査

はじめてキャッシングの利用を考える場合、やはり審査を通過できるかどうかが非常に不安になるのではないでしょうか。

 

基本的にはじめての利用の場合は他のキャッシングを利用していないはずですからそれほど問題ないのではと考えがちですが、消費者金融のキャッシングを利用する場合には総量規制と呼ばれる貸金業法下で営業を行なう業者に適用される規制に注意をしなければいけません。

 

この総量規制の対象となるのは貸金業法下で営業をしている消費者金融、クレジット会社などが対象となり、規制となるのは貸付金額の総量となります。総量規制では年収の三分の一を超える貸付を規制していますので、それを超える金額はいかなる場合でも貸付してもらうことが出来ませんし、業者側も無視して三分の一を超える貸付を行なってしまうと厳しい罰則や最悪の場合営業停止に追い込まれてしまうため、まず総量規制以上の貸付をしてくれる業者はいないといえます。

 

もし仮に年収の三分の一を超える貸付が可能な消費者金融がいた場合、それは正規の登録業者ではない可能性が高いといえますので注意しましょう。例えば年収が300万円なら100万円が限度となりますし、パートなどで年収が120万円の場合は40万円までしかお金を借りることが出来ないわけです。

 

しかも総量を規制するため、他の業者に借り入れがある場合にはその借り入れ金額の合計が年収の三分の一以下である必要があるため、1社ごとに三分の一までというわけではありません。はじめてキャッシングを利用するから自分は関係ないと考えているのであればそれは多いな間違いで、もしクレジットカードを持っていてそれにキャッシング枠が付帯していた場合、そのキャッシング枠も総量規制の対象となるので注意をしなければいけません。

 

しかもクレジットカードのキャッシング枠は、使う使わないに関係なく付帯されているキャッシング枠の金額=借り入れした金額として見なされてしまう為、クレジットカードに30万円のキャッシング枠があればその時点で30万円借りている形として総量規制の対象となるわけです。そのためクレジットカードを複数所有している場合、自分でも気が付かないうちに総量規制の対象となっている可能性が高いといえます。

 

無論、キャッシング枠の合計が多ければ多いほどキャッシングで申し込める金額も少なくなりますので、自分の所有しているクレジットカードの確認は必要になるでしょう。それと総量規制では年収の三分の一という規制となるため、収入の無い専業主婦や無職で収入が無い人は、年収の三分の一はゼロとなるため貸付金額もゼロになってしまいます。そのため総量規制のあるキャッシングは利用できないといえますのでその点にも注意が必要だといえます。

 

総量規制は利用者の借りすぎと業者の貸し過ぎを防止する狙いのある制度ですので、その内容をしっかりと把握したうえでキャッシングの利用を行い必要があるといえるでしょう。