カードローン アルバイト

急な資金用途は人生の中では何度か訪れるものですが、親や友人などに頼れない場合にはキャッシングというサービスが頭に浮かぶと思います。

 

しかし、キャッシングは当然金融機関もリスクを伴うので、厳重な審査の後融資が行われます。この審査項目には年収や勤め先、継続勤務年数など様々な項目がありますが、借入を行う金融機関や利用額によって審査の厳しさは大きく変動します。

サラリーマンの方や公務員の方は一般的に社会的な信用度の高い職種だと考えられるので、こうしたキャッシングの審査では比較的有利な展開が期待できます。平均的な年収があり、継続勤務年数も1年以上あればおそらくよほど厳しいキャッシングやカードローンでなければ審査段階で落とされる心配はありません。

 

しかし、ご質問のようにアルバイトの方の場合には、審査を受けること自体をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

実際に銀行のフリーローンなどではかなり厳しい審査基準を設けているので、フリーターの方で年収が銀行が定める一定額以下の場合には確かに融資を受けることは難しいというのが実情です。

 

しかし、フリーターの方でも継続勤務年数が半年から1年以上の方は立派な定期収入と見なされるので、CMで見るような大手の消費者金融でもキャッシングを行うことは基本的には可能です。ここで基本的にはと申し上げたのは、ご質問にあるような50万円の限度額を実現できるかはかなり個々のケースによるからです。

 

フルタイムのフリーターでなくとも月々の収入が一定で、その状態が継続していると先程述べたとおり定期収入と認められます。キャッシングを利用する絶対条件としてこの定期収入のある方というものが入るので、この条件は満たしていることになります。しかし、こうした条件下の元で消費者金融の公式サイトや案内などを見ると借入限度額が「10万円から50万円」というような案内をよく目にすると思います。

 

この借入限度額を見て正式に契約をしようと思う方の多くががっかりしてしまうことですが、フリーターの方の場合実際の契約では始めから50万円の限度額を設定されることはほとんどありません。多くの場合契約の初期段階では10万円の限度額が設定されることのなります。

 

これはほとんどの消費者金融でも同じで、ネット上の口コミや評判でも同じ条件下ではこの10万円という限度額が一つのスタンダードになります。

 

そもそも10万円から50万円という数字なのに、利用限度額がその最低ラインの10万円となると不満に思うかもしれませんが、これは契約の初期段階では仕方の無いことです。

 

利用実績の無い方の場合、返済を滞り無く行うという情報が金融機関にはありません。そのためある種の様子見といった形で最低限度額の10万円を設定するのです。その後平均的には約半年間返済事故も無く利用していると、限度額の引き上げが可能になり50万円の利用も十分狙える数字になります。
ご質問にあったように50万円の利用を狙うならば地道に半年間返済実績を積み重ねるというにが最も堅実な方法です。または無理の無い程度に2〜3社の金融機関を併用する方法などがありますが、当然返済は非常に困難になるので、よくお考えの上ご利用下さい。